ダイビングをもっと楽しくするためのスキルアップ記事まとめ

ダイビング

ダイビングって超楽しいー!!!

でも、けっこう疲れるのよね・・・

みぃ
みぃ

ダイビングスキルをアップすれば水中での動きも楽になるし、動きが楽になればダイビングがもっと楽しくなりますよ

 

ダイビングを始めたばかりの頃は、見るモノすべてが新鮮で楽しいですよね♪**

楽しいけど疲労感を否めないのは、緊張とかムダな動きが多いからです。

 

ダイビングに慣れてきたら、あなた自身のダイビングスキルと向き合って、改善を試みてみましょう。

初心者が悩みがちなダイビングスキルと、その改善策をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

潜降

まだダイビングに不慣れな頃は、一連のダイビングアクティビティの中でもっとも緊張する瞬間かもしれません。

エントリー前に大きく深呼吸して、リラックス、リラックス♪**

 

 

呼吸

呼吸の乱れは、緊張感から起こります。

久しぶりのダイビングは緊張感が高まりますよね。

ダイビング前夜は、水中の楽しい様子やきれいな景色を思い浮かべて、そこを優雅に泳ぐ自分の姿を想像しながら眠りにつくのも効果的ですよ

 

中性浮力

初心者ダイバーのお悩みNo.1の中性浮力。

適正ウエイト、BCD操作、落ち着いた呼吸など、スキルをひとつずつチェックしていきましょう。

きちんと中性浮力が取れるようになると、ダイビングが格段に楽になりますよ!

 

フィンキック

ダイビングをスキルアップする上ですべてに共通するのは『慌てない』こと。

フィンキックも、落ち着いてゆっくり動くことから始めましょう。

 

マスククリア

マスククリアが苦手って、女子ダイバーに多いです。

マスクに水が入るのが怖いんですよねー…

でも、ベテランダイバーでもインストラクターでも、マスク内に水が入るのはよくあることなんです。

水が入らないようにってキリキリするよりも、『水が入ったら出せばいい』って思って、何度もくりかえし練習してみてくださいね♪**

 

スポンサーリンク

アドバンス

オープンウォーターダイバーのライセンス取得直後って、経験が少ないからスキルも弱いです。

…っていうか、なにがうまくできていないのかも自身でわからない場合がほとんど。

何回かファンダイブを経験すると、自分の苦手なスキルが見えてきます。

そのタイミングで次のステップ・アドバンスを受講するのがみぃのおすすめ。

 

海外でのダイビングを視野に入れているなら、アドバンス取得は必須です。

 

ボートダイビング

リゾートでのダイビングは、ボートダイビングがほとんど。

あらかじめ、マナーやルールを身につけておきたいものです。

 

ドリフトダイビング

ダイビングの世界観をグッと大きくしてくれるのがドリフトダイビング。

海の流れに乗って広範囲を移動できるので、経験値も倍増します。

そのスキルを手にして、ぜひ世界観を広げてくださいね!

初心者ダイバーのためのドリフトダイビング講座
潮の流れに乗ってダイビングする『ドリフトダイビング』 強い流れの中で大型回遊魚を狙う上級テクニックを必要とするポイントばかりではありません。初心者ダイバーのあなたはまず、静かな流れの中で楽しめるポイントからチャレンジしましょう♡
初心者ダイバーのためのドリフトダイビング講座・潜降編
潮の流れが早い外洋のポイントで大物を狙うことが注目されるドリフトダイビングは、エキサイティングで冒険心にあふれるダイビングスタイルです。初心者ダイバーにとってはハードルが高いように感じますね。でも大丈夫!乗り越えるべき最初のハードルはフリー潜降。今回は、ドリフトダイビングで重要な潜降の手順を解説していきます。
初心者ダイバーのためのドリフトダイビング講座・浮上編
潮の流れが早い外洋のポイントで大物を狙うことが注目されるドリフトダイビングは、エキサイティングで冒険心にあふれるダイビングスタイルです。潜降や浮上、安全停止の手順を身につけて、ダイビングの楽しみを広げましょう!初心者女子ダイバーのために、インストラクター経験者のみぃが解説していきます♪**

 

ディープダイビング

オープンウォーターダイバーに制限されている深度・18mを超えた先には、深い感動が満ちています。

深く潜ることのリスクと対策を知り、ダイビングの世界観を広げてみましょう。

 

 

ダイビングはスキルアップすることで水中活動がラクになり、楽しさも倍増するアクティビティです。

ぜひ、実践してみてくださいね!

 

コメント