しあわせを呼ぶ『天使の梯子(はしご)』【エンジェルラダー】

島暮らし・小笠原

上の写真は、カフェを閉めての帰り道に出会った光景。

この景色を目にしたとき『わあー、すごーい!』という言葉が口からナチュラルに発せられて、その景色に吸い込まれました。

神が降りてくる道が伸びているように見えて、しばらく立ち止まって、景色に入り込んで見入っていました。

 

スポンサーリンク

『天使の梯子(はしご)』を見たことがありますか?

『東洋のガラパゴス』と表現されることもある、ここ小笠原諸島。

大自然にかこまれ、空と海の壮大なスペクトルショーに魅せられることは多々ありますが、この光景はまさに【心を奪われる】ひとときでした。

 

調べてみたら、この景色につけられた名前は『天使のはしご』

英語表現は『Angels Ladder』(エンジェル・ラダー)

 

なんて素敵な呼び名でしょう!

そう言われるて見てみると、光のラインに沿って天使が舞い降りてきているように見えてきますね♡

 

天使の梯子(はしご)とは、『薄明光線』という気象現象

《 薄明光線 》
太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象

<引用元・ウィキペディア>

 

もくもくとした厚い雲に切れ目が入っているときに、こちら側から見た雲の向こう側にある太陽の光がこぼれて見えているような状態ですね。

でも雲に切れ目が入っているだけではダメで、その雲の切れ目の下に、雲を形成している水蒸気よりもずっと小さな水滴がたくさん浮遊しているときにだけ起こる現象です。

その小さな水滴がたくさん集まっているところに光が通ると光が散乱して見える『チンダル現象』のひとつなのです。

時間帯では、朝や夕方の太陽の位置が低い時に見られることが多いようです。

 

チンダル現象…学術用語なので仕方ないですが、『天使』とか『エンジェル』と聞いた後だと、とても味気ない言葉に聞こえますね(笑)

 

『天使のはしご』を見ることができたら、しあわせになれる!?

いくつかの条件が揃わないと見られないので、見ることができたらラッキーだと言われるところは、四葉のクローバーを見つけた時や虹を見た時と同じですね。

こちらは先日上京する際に、おがさわら丸から見られた景色です↓↓↓


空と太陽と雲と、船の運航・そこに乗船していたという、いくつかの条件が重なっていたからこそ出会えた景色ですね♡

その時の様子は、こちらに書いています↓↓↓

 

『天使の梯子(はしご)』にはスピリチュアルな意味も!?

『空から降り注ぐ光とともに、天使が舞い降りる』とうたわれ、それを見た人はしあわせになれるといわれる神秘的な自然現象。

 

『エンジェルラダー』『天使のはしご』という名前がつけられた、パワーストーンやブレスレットなども販売されています。

この冬は、wicca(ウィッカ)のソーラーテック電波時計がシチズンより発売されて話題となっていますね。

 

 

 

青い空と海の色が少しずつオレンジ色へと変わっていく黄昏時。

時間と共に変わりゆく感じが好きで、時間の許す限りは海を見ているので『サンセット・マニア』と呼ばれたりもする私ですが(笑)そんな時間を自分自身で作ることができる生活が、しあわせなのかもしれません。

自然に囲まれた、島での生活に感謝!

今日もありがとう**♡**

 

空と海の織りなす壮大なアート【ビーナスベルト】と地球の影にも感動です♪**

 

 

海と空が作りだす美しい景色

都会で暮らしているあなたは、写真集を見ながら、会いたい景色に会いに行く旅行計画を立てるのもいいかもしれませんね

 

小笠原島民が紹介する、島の魅力がギュッと詰まった1冊はこちらから↓↓↓

 

こちらは眺めているだけで癒される、かわいらしい写真集のような1冊です↓↓↓

 

 

小笠原旅行の計画は、こちらを参考にどうぞ↓↓↓

 

 

よかったら
応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

コメント