ダイビング女子のお悩み『マスクに水が入る』のはナゼ?

ダイビング

海に魅せられた女子ダイバーのみなさん、こんにちは!
ダイビングをスキルアップしたい初心者ダイバーのお悩みに、インストラクター経験者のみぃが、今回もお答えしていきますね♪**

ダイビングの時、どうしてもマスクに水が入るの(泣)

みぃ
みぃ

ベテランガイドでもインストラクターでも、マスクに水は入ってきますよ!

ダイビング中、マスクに水が入ってくることにストレスを感じて悩んでいるダイバーは、ホントーにたくさんいます。

マスクに入った水を速やかに排出するマスククリアのコツは、こちらを参考にしてみてください↓↓↓

 

でも、マスクに水が入ってくるのはしょうがないこと。
それに慣れてもらうしかないのですが・・・マスクへの水の侵入は少しでも減らしたいですよね。

今回は、マスクに水が入ってくる原因とその対策を解説していきますね!

この記事は、こんなアナタに読んでほしい
ダイビング中、なんでマスクに水が入ってくるのー!?

 

スポンサーリンク

マスクに水が入る原因その1・マスクストラップがきつすぎる

マスクに水が入ってくるのがイヤだから、ストラップをギューってきつく締めています。

みぃ
みぃ

それって逆効果なんです!

マスクに水が入ってこないようにってストラップーをギューギューに締めると、顔にシワが寄った状態になります。もしくは、顔のちょっとした表情の変化でシワができたときに、マスクのスカート(シリコン部)にスキマができてしまい、そこから水が浸入してきます

本来マスクのシリコン部は、顔にやさしくフィットしていることで水の侵入を防いでくれています。それをギューって締めつけてしまうと『あそび』の部分がなくなってしまうのです。

 

なので、マスクのストラップは、ちょっと緩いかな?くらいが丁度いいです。

水が入ってくるのがイヤなのにマスクストラップをゆるめるというのは、勇気のいることかもしれません。でも水中では水圧がかかっているので、けっこうゆるくして潜っても大丈夫なのです。

 

ちなみに、みぃはダイビング終了後の顔にマスク跡がつくのがイヤなので、めっちゃゆるゆるの状態で潜っています。ダイビング中、マスクストラップが水流に押されて頭の上や目の前にヒュンってやってきて、バディやゲストに笑われちゃうことも(笑)

それくらいゆるくても、マスクが水中で取れちゃうなんてことはないのです(笑笑)

 

マスクに水が入る原因その2・鼻から息を吐いている

ダイビングでの呼吸は口呼吸です。

でも普段の生活では鼻呼吸をしているので、慣れないうちはすごく意識しないと鼻から吐いちゃうことが多いです。

鼻から息を吐き続けているとマスクがどんどん上に上がっていき、よく言われる『水中ブタっ鼻』となってしまいます。

マスクが上にズレることによってマスクシリコン下部が鼻の真横まで上がってしまい、ここにスキマができてしまうのです。

マスクに水も入りやすいし、せっかくの水中写真も台無しに(泣)

 

なので、意識して口呼吸する練習をしましょう。

『鼻をつまんで呼吸してみる』ってよく言われますが、ずっと鼻をつまんでいるってけっこう大変。なので、みぃのおススメは『鼻の下に人差し指を置く』

実際のダイビング中ではなく、お家で練習できます。鼻の下に人差し指を置き、口をおちょぼ口にしてストローを加えるようにして、吸ったり吐いたりしてみましょう。

みぃ
みぃ

ダイビングしているイメージを抱きながら、ね♪**

 

マスクに水が入る原因その3・マスクが顔にあっていない

基本的にマスクはフリーサイズなのですが、男性と比べて女性は顔が小さめなので、フレームの小さなマスクを選ぶといいです。

最近ではダイビングショップのレンタル器材でも女性用の小さめマスクを用意しているところは増えましたが、マスクでのストレスを強く感じているなら、自分専用のマスクを購入した方がいいと思います。

自分にあったマスクの選び方は、こちらを参考にしてみてください↓↓↓

スポンサーリンク

 

マスクに水が入る原因その4・日焼け止めやファンデーションの厚塗り

オンナの子ですから、海へ出かけるとはいえなるべく日焼けはしたくないですよね。 ダイビングとはいえ、スッピンなんてムリ!っていう女性も多いはず。

なので、日焼け止めやファンデーションの使い方に気を付けましょう。

日焼け止めやファンデーションの厚塗りは、ダイビングにおいては逆効果になってしまうのです!

オイリーな日焼け止めやファンデーションをを厚塗りしてそれらが乾かないうちにマスクを装着すると、顔の上でマスクが滑りやすくなります。そうすると、鼻から息を吐いているときと同じように、マスクが滑って上にズリ上がりやすくなってしまうのです。

お出かけ前にメイクして一度乾いたとしても、南の島でのダイビングでは器材セッティング中に大汗をかくこと必須なので(笑)その時点で厚塗りファンデは確実に崩れます。

美しさキープのためにメイクアップしたはずなのに、南国の太陽と湿度をまとった空気の中では逆効果。日焼け止めは一見効きそうなマットなモノではなく、ウォータープルーフの乳液タイプのモノを、どうしてもファンデーションに頼りたい方はせめてBBクリームを選びましょう。

ダイビング時のメイクについては、こちらも参考にしてみてくださいね!↓↓↓

 

 

まとめ

くりかえしになりますが、ダイビング中、マスクに水が入ってこないということはまずありません

ベテランダイバーでもインストラクターでも、マスクには少なからず水が入ってくるので、ちょっとずつマスククリアをしながらダイビングしているのです。

『だってマスクに水が入ってくるんだもん!』というあなたは、

マスクが顔にあっているかしら?

ストラップがきつすぎていないかしら?

鼻からいっぱい吐いていないかしら?

厚塗りメイクしていないかしら?

と、チェックしてみてくださいね!

 

みぃ
みぃ

ダイビングで得る感動が、マスクに水が入ってくるストレスよりも大きくなるといいなーってみぃは思います♪**

コメント