ダイビング女子のお悩み・肌と髪のお手入れは日焼け防止と保湿!

ダイビング
スポンサーリンク

海でもキレイを目指す女子ダイバーのみなさん、こんにちは!

ダイビングに関する女子ならではお悩み・疑問に、今回もダイビングインストラクター経験者のみぃがお答えしていきますね♪

 

ダイビングするようになってから、肌荒れが気になるの・・・

ダイビングすると、髪がパサパサになっちゃうの・・・

みぃ
みぃ

心に潤いを与えてくれるダイビングですが、海でのアクティビティとセットになっている(!?)海水と紫外線は、髪やお肌の潤いを奪います。

ダイビングの前後には、髪もお肌もしっかりケアしてあげること必須ですよ!

今回は、ダイビングでのスキンケア&ヘアケアのポイントをご紹介しますね!

 

この記事は、こんなアナタに読んでほしい
ダイビング後の、肌荒れや髪の痛みが気になるー!

 

ダイビングでのスキンケアは日焼け防止から

ダイビングでの肌荒れの原因は、ほぼ『日焼け』です。特に、南の島での太陽光に含まれる紫外線の量は膨大!

日焼けして肌が赤くなったりヒリヒリしたりするのは、肌が炎症を起こしているのです。日焼けは軽いヤケドと一緒

ピカピカの太陽の下で真っ青な海をクルーズしながらのダイビングはとても気持ちいいけれど、お肌のためには強い紫外線から守る工夫をしておきましょうね!

 

日焼け止めは厚塗りではなくコマメに塗りなおす

『紫外線が強いから!』って日焼け止めクリームを顔にベタベタ塗っている方を見かけますが、厚塗りは意味がありません。

厚塗りした状態でカンカン照りの太陽の下、器材セッティングをしながら、緊張感も伴って大汗。日焼け止めが白浮きしたり白い汗がボトボト流れ落ちたりして、見た目も残念な感じに…

朝のお出かけ前、汗をかいた後、潜った後、と少量ずつコマメに塗りなおすことを心がけましょう。

最近は商品開発も進み、ウォータープルーフでも乳液タイプのサラッとしたモノがいろいろ販売されています。

みぃが愛用している日焼け止めはこちら↓↓↓

 

汗や海水で濡れていると肌なじみが悪くなるので、ダイビング後は真水で軽く流し、タオルでしっかりふき取ってから塗りなおすようにしましょう。

シャワーの設置されていないボートでツアーに出るような場合には、ペットボトルに入れた水を持っていくといいですね。

 

また海外では、日焼け止めに含まれる化学物質による環境汚染(サンゴの白化など)も少しずつ懸念されていて、『日焼け止め禁止』なんていう場所もあります。

化学物質の入っていない、環境にやさしい日焼け止めを選ぶなどの配慮も大切な心がけですね。

 

手足などの肌も露出しない

全身に日焼け止めを塗ると、かなりの量を使います。長袖のラッシュガードやレギンスを着用して、肌の露出を控えるようにしましょう。

ダイビング女子のおしゃれブランド・ココロアから、2019モデルも発売されていますよ♡

また、顔周辺や髪の日焼け防止に、帽子をかぶることも忘れずに。

 

サングラスをかけて目を守る

あまり知られていませんが、目から入る紫外線も日焼けの原因に。

長袖やウエットスーツを着ているのになんとなく身体が黒くなっているのは、目から入った紫外線が体内のメラニン色素に働きかけることによるのです。

強い紫外線から目を守るだけでなく、日焼け防止の意味でもUV加工されたサングラスをかけるようにしましょう。

 

ダイビング後のアフターケア

日焼けのアフターケアは、とにかく保湿。

紫外線と海水に含まれる塩分によって失われた水分を、しっかり補給してあげましょう。

まずは真水で、海水をしっかりと洗い流します。ほてりのあるところは、濡らしたタオルや保冷材で冷やしましょう。

その後、化粧水で丁寧に保湿。普段使っている化粧水を、携帯容器に詰め替えて持っていくのがいいですね。

 

また一日の終わりには、日焼け止めをしっかり落としてあげるのも大切。日焼け止めが毛穴に詰まったままだと、肌荒れの原因になります。

丁寧にクレンジングしてから洗顔料でやさしく洗い流しましょう。肌は日焼けで傷んでいるので、ゴシゴシ洗いは絶対避けて!

 

みぃが長年愛用しているクレンジングオイルはこちら↓↓↓

毛穴汚れがスッキリ落ちるので、洗顔後の化粧水が肌にすーっとなじみます。

 

その後、冷蔵庫で冷やしておいたシートパックはおススメ!

市販のシートパックがなくても、テッシュを水と化粧水で濡らして顔に当てるのも効果的ですよ♡

そして、シートパックもティッシュパックも10分経ったらはがします。それ以上顔に当てておくと乾燥が始まるので、顔の水分が奪われていくのです。

10分間の保湿をしてから、乳液やクリーム、オイル等でコーティングしてあげましょう

 

また、肌の乾燥は身体の内側からのケアも大切。普段より意識して水分を摂取するようにしましょう。ビタミンCも一緒に補給できるとさらにGood!レモンやグレープフルーツなど、柑橘系の果物やジュースを積極的に取り入れるといいですね♪**

スポンサーリンク

 

ダイビングでは、髪の日焼け防止も大切!

海水に浸されて強い紫外線を受けると、髪も傷みます。放っておくとパサパサになるので、肌と同じようにケアしてあげましょう。

 

洗い流さないコンディショナーでビフォアーケア

少しでも髪のダメージをやわらげるため、ダイビングに出かける前にコンディショナーでコーティングしておきましょう。洗い流さないタイプのコンディショナーが便利です。

みぃは、スキンケアに使っているココナッツオイルを髪にもなじませています。ココナッツの、ナチュラルなあまい香りもお気に入り♪**

またロングヘアの方はお団子や三つ編みできっちりまとめ、紫外線のあたる面積を減らすのも大切です。

シュシュなどのふわゆる結びは水中で崩れてしまうので、太めのヘアゴムできっちり結んでおきましょう。

いつものポニーテールよりも低めの、耳のラインで結ぶのがおススメ。この位置で結んでおけば、マスクストラップがちょうど後頭部にくるのです。

 

ダイビングの休憩中は帽子をかぶることもお忘れなくね。

 

ダイビング後のヘアケアは、海水をしっかり洗い流すことから

肌と同じように、紫外線と海水にさらされた髪も乾燥します。まずは真水でしっかり海水を洗い流しましょう。

シャンプーは、アミノ酸配合のモノが髪の潤いキープを手助けしてくれます。

 

強い紫外線を受けた頭皮もダメージを受けているので、やさしく洗ってくださいね。コンディショナーをしっかりなじませることも忘れずに。

 

そして実は、シャワーを浴びた後、髪が濡れたまま放置というのも髪を痛める原因になります。タオルでしっかり水気を取ったら、髪の根元からドライヤーで乾かしてあげましょう。

 

まとめ

ダイビングを楽しんで心が潤ったら、お肌や髪にも潤いを与えてあげましょうね。

大それたことをする必要はないのです。紫外線と海水をたっぷり浴びたお肌や髪を、ほったらかしにしないでちょっと気づかってあげるだけで、かなり違います。

また、ダメージを最小限にとどめるにはビフォアーケアも大切。

 

みぃ
みぃ

お肌と髪をしっかりケアしてあげながらダイビングを楽しんだら、アナタの笑顔にも輝きが増していますよ♡

コメント