女子ダイバー必見!女性におすすめなダイビングマスクの選び方

ダイビング

自分用のダイビングマスクを買おうと思っているのですが…

みぃ
みぃ

いいですね!
快適にダイビングをする上で、自分にあったマスクを使うのは重要ですよ!

いろいろありすぎて、どれを選んだらいいのかわからないです。

 

景色や魚を見るためにはもちろんのこと、耳抜きのために鼻をつまんだりマスククリア(水中でマスクがくもった時の対処)のために水を出し入れしたりと、ダイビング中の調整頻度が高いマスク。

視界や呼吸に密着する器材なので、自分にピッタリあうモノを選びましょう。

マスククリアについての記事はこちらをクリック↓↓↓

 

この記事は、こんなアナタに読んでほしい
自分にあったダイビングマスクの選び方を知りたい!

 

スポンサーリンク

まずはマスクの構造をおさらい!

ダイビングになくてはならないマスク。まずは各パーツの名称と役割をおさらいしましょう。

レンズ

一眼と二眼の2種類があります。

強化ガラスでできているので、万が一レンズが割れるようなことがあってもガラスが飛び散らないようになっています。

フレーム

マスクのデザインを決定づける重要パーツですね。

レンズを固定する役目を担っています。

スカート

顔に直接あたるやわらかい部分です。シリコンゴムが使われているのが一般的で、顔へのフィット感はここで決まります。

ノーズポケット

鼻に水が入るのを防ぎます。また鼻から吐いた息により、マスクにかかる水圧を解消します。耳抜きをするときには、ここをつまみます。

ストラップ

マスクが顔から外れないように支えるバンドで、長さの調整ができます。

バックル

マスクが顔にピッタリとフィットするように、ストラップを調整する部分です。

 

 

一眼マスクと二眼マスクの違い

 

マスクの種類は、大きく分けてふたつあります。レンズが一枚の一眼レンズと、スイミングゴーグルのように左右が分かれている二眼レンズ

その違いを見てみましょう。

一眼レンズ

レンズが一枚のガラスでできています。目と目の間にフレームがないので、視界が広くなります

また表情がわかりやすいので、バディやガイドとのコミュニケーションが取りやすくなりますね。

二眼レンズと比べてマスク内の容積が大きくなるので、マスククリアをするときに若干の大変さを感じるかもしれません。

でも最近はメーカーの開発により、女性が扱いやすいように、マスク内容積が小さくなっているものが増えているので、マスククリアに関してはそれほど神経質にならなくても大丈夫でしょう。

 

二眼レンズ

レンズが二枚のガラスでできていて、左右のレンズの間にフレームがあります。

一眼レンズと比べてマスク内の容積が小さいので、マスククリアが楽にできます

また、視力矯正レンズに交換できるので、普段メガネを使用している方やコンタクトレンズをしたままダイビングしたくない方はこちらを選びましょう。

 

 

マスク選びで重要なのはフィット感!

マスク選びでいちばん重要なのは、なんといっても顔にピッタリフィットするかどうかです。

マスクのフィット感をチェック!!
①ストラップを前に回した状態でマスクを顔に当てます。
②スカートの縁がすべてきちんと顔にあたっているかどうかをチェックします。
③マスクを顔に当てたまま、鼻から少し息を吸い込みます。
手を放してもマスクが顔から落ちなければ、アナタにフィットしているマスクです。

その状態で、前後左右に軽く顔を振ってみるのもいいでしょう。

 

※ピッタリとフィットしているマスクでも、水が全然入ってこないということはありません。

みぃ
みぃ

マスククリアのスキルはきちんと身につけておきましょうね!

 

 

度付きレンズかコンタクト使用か

視力の悪い方、とくにコンタクトレンズ使用者の方は、コンタクトレンズをつけたまま普通のレンズで潜るのか、ダイビングのときだけコンタクトを外して度付きレンズで潜った方がいいのか、悩みますよね。

 

みぃ
みぃ

みぃの経験では、コンタクトレンズをしたままで大丈夫です。

かつてのみぃの視力は0.03。コンタクトレンズなしには生活できないド近眼でした。

最初の頃は、ダイビングに出かけるときだけメガネ着用にして度付きレンズを使用していたのですが、メガネを外してマスクを着けるまでのわずかな時間でも周囲を見えなくなることが、大きなストレスでした。

またあわててメガネを外したりすると、ダイビング中に『あれ?メガネどこに置いたっけ?』なんて考えてしまい、ダイビングに集中できなくなるはめに。

その後、コンタクトレンズの開発が進んで1Dayレンズなどがでてきたことで紛失の不安も解消され、度なしレンズのマスクに買い換えました。

ダイビングツアー中にメガネを外すことで周囲が見えなくなることもないし、マスククリアのときも一瞬目を閉じるだけなので、快適さがグンと増しましたよ!

 

ただ、目を閉じてマスククリアをすることに大きなストレスを感じるなら、度付きレンズで潜る方がいいでしょう

 

視力が悪いといっても普段の生活ができているような方は、あえて度付きレンズにしなくても大丈夫。
水中では、光の屈折の関係で33%増しでモノが大きく見えるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

マスク選びは、お気に入りのカラーコーディネートで♡

ダイビング時の気持ちを上げるためには、お気に入りのデザイン、カラーコーディネートでそろえるのは大切ですね♪**

最近では女性向けに、フレームも小さくてカラフルなマスクが増えてきました。

 

みぃ
みぃ

みぃがおすすめするマスクをいくつかご紹介しますね!

 

キュートなフレームカラーが目を引く、視界の明るい一眼レンズ。

レンズには紫外線カットが施され、スカート部分にも工夫されていてマスク跡が付きにくいという、まさにオンナの子のためのマス

かわいさ・広い視界・ソフトなつけ心地で、女性にはいちばん人気です。

 

いちばん人気なので、自分のマスクが迷子にならないように、ストラップカバーを付けておくといいですよ!

 

 

クール&ビューティーな印象の二眼レンズ。スタイリッシュに決めたいキレイ派なアナタにはこちらがおすすめ。

COCOと同じく、紫外線カットレンズとマスク跡のつきにくいスカートに工夫されています。

みぃのマスクは、こちらのブラックシリコンです。

 

究極のフィット感を目指し、日本人の顔にぴったりフィットするように開発されたマスク。

ツートンカラーのフレームが楽しい、個性派デザインのマスクです。オプションで、度付きレンズに変更できます。

 

マスクのシリコン・カラーによる違い

スカートのシリコン・カラーの違いにより見た目の印象も変わりますが、水中での見え方も違ってきます。

クリアシリコン

 

水中での明るさ、視界の広さでは、クリアシリコンがダントツです。

一眼レンズ・クリアカラーフレームと合わせると、顔の表情もはっきりと明るく見えますね!

ダイビング雑誌のモデルさんを見ると、ほとんどがこちらのクリアシリコンですね。

 

ブラックシリコン

水中カメラマンやインストラクターの愛用者が多いです。

マスク横からの余分な光が入ってこないので、カメラを除いたときに被写体が見やすいのです。またハードに使っても汚れが目立たないという意味においても、プロダイバーにはありがたい!

みぃはプロになってから、ブラックシリコンを愛用するようになりました(笑)

 

ホワイトシリコン

フォト派だけどブラックシリコンは見た目がハードすぎる…というアナタには、ホワイトシリコンがおススメです。

光を遮断しつつ、かわいさもキープ♡

 

 

まとめ

ひと昔前に比べると、女性目線を考慮したダイビング器材がずいぶん増えてきました。

全体的に男性よりも小さいサイズ、カラーグラデーションやパステルカラーなどのおしゃれでかわいいデザインなど、選ぶ楽しさが広がっています。

また、日本人特有の職人気質により素材や使いやすさへの開発はすばらしく、商品価値は世界トップレベル!

 

マスクひとつで、ダイビング中のストレスはだいぶ変わります

みぃ
みぃ

初めてのマスク購入を考えているアナタは、ぜひ近くのダイビング器材量販店やダイビングショップへ足を運んで、いろいろ試着してみてくださいね!

コメント