アオウミガメと触れ合える!『小笠原海洋センター』

小笠原の観光スポット

ダイビング中に出会えると、気持ちがほんわかするアオウミガメ。砂地でうとうとしていたり、ひたすらに海藻を食べている様子は見ていて飽きません。

小笠原は日本最大のアオウミガメ産卵地なので、ダイビングで出会える可能性が高いのですが、海に潜らなくてもアオウミガメをゆっくり見ることのできる施設が『小笠原海洋センター』(通称カメセンター) 

展示エリアもカメが飼育されている水槽も、なんと無料で見学できちゃうのです!

今回はこのカメセンターの施設と、楽しくてためになるプログラムをご紹介しますね♪**

 

スポンサーリンク

海を見ながらウミガメを観察できる『小笠原海洋センター』

世界的に個体数が減りつつあり、絶滅が危惧されているアオウミガメ。小笠原海洋センター(通称:カメセンター)は、このアオウミガメの保護と増殖を目的として1982年に開設されました。

2006年4月からは、NPO法人エバーラスティング・ネイチャーが運営と施設管理を行っています。

施設は、父島の宿が集中している『西町』から歩いて20分ほどの奥村地区、漁港を通り過ぎた先にあります。村営バスのバス停『奥村』からだと歩いて10分ほど。レンタルバイクやレンタサイクルがあると便利ですね。

『小笠原海洋センター』で、アオウミガメと触れ合う

小笠原海洋センターの水槽は海に面していて、対岸には停泊中のおがさわら丸が望めます。

『ヘッドスターティング』によって飼育されている子ガメ

こちらの水槽で飼育されているカメは、野生下で産み落とされた卵をスタッフが回収し、人工ふ化させて育てているカメです。

人間の管理下で飼育されたカメは天然の子ガメよりも大きく育てることができるので、魚類や鳥類などの天敵から捕食される確率を低くすることができるのです。小笠原海洋センターで数か月間飼育された子ガメは、タグを付けて放流されます。

 

*島内イベント・ウミガメ放流*
父島では、毎年行われているイベントの中でウミガメ放流が行われています。
・元旦:海開き
・小笠原神社例大祭
・小笠原サマーフェスティバル
各イベントの日程は、小笠原観光協会へお問い合わせください。

*夜間子ガメ放流会*
7~9月の期間限定で、生まれたばかりの子ガメ放流会を行っています。開催場所:コペペ海岸または宮之浜海岸
開催時間:19:30(受付開始19:15)
参加費:中学生以上ひとり1500円 小学生ひとり500円
小学生以下は無料
開催日小笠原海洋センターホームページFacebookにて当日に記載
または小笠原ビジターセンターにて当日お知らせ
詳しい情報はこちらから⇒ 夜間子ガメ放流会

アオウミガメに、餌やり体験

1カップ100円のキャベツや白菜を購入して、水槽のカメに餌やりを体験することができます。
キャベツのカップを持って水槽に近付くと彼らは雰囲気を察するようで、こちらに向かって泳いできます。
・・・近すぎ(笑)・・・
キャベツを手に持ったままだと手まで食べられちゃうので、キャベツは水槽に浮かべます。
・・・パクっ!
かわいい♡
一度餌をあげると、『もっとくれくれ~』とでも言うように、こちらに視線を向けて前足をパタパタしながら寄ってきます。
その表情が可愛すぎて、みぃは餌カップをもうひとつ買っちゃうことも(笑)
目の前に広がるきれいな海から聞こえる波の音をBGMに、さわやかな潮風に吹かれながら、おとぼけ表情のカメさんたちとの触れ合い。自然と頬がゆるんで、心がぽかぽかしてきますよ♡

『小笠原海洋センター』の館内で、小笠原とカメの歴史を学ぶ

館内の展示エリアには、アオウミガメとかかわってきた小笠原の歴史や、いままでの調査でわかってきたことなどが掲示されています。

 

また戦前からの遺品など、貴重なものも展示されています。

 

そしてこの屋根下の水槽には、保護されたアルビノのカメの姿も。

先天的なメラニンの欠乏によって皮膚の色が白くなるアルビノ

なにか特別な雰囲気を感じますね。

 

スポンサーリンク

 

ウミガメ教室に参加して、アオウミガメについてもっと学ぼう!

小笠原海洋センターでは、少しでも多くの人にアオウミガメについて知ってもらうために、スライドを使った解説でウミガメの生態や歴史・現状がわかる『ウミガメレクチャー』が行われています。

解説を受けた後は、スタッフの更なる解説付きで水槽を案内してもらったり、カメの甲羅磨きなどで直接触れ合うこともできちゃいますよ!

通常は2時間コースのこのウミガメレクチャー、6~9月のふ化シーズンには3時間コースも開催されます。3時間コースでは、本物の卵に触れることもできちゃうのです!

もともとカメが大好きなアナタや、水槽で出会ったカメに感激してもっと深く知りたくなっちゃったアナタは、きっともっと好きになっちゃいますよ♡

詳しい情報はこちらから⇒ ウミガメ教室【2時間コース】 ウミガメ教室【3時間コース】

 

 

小笠原生まれのアオウミガメの里親になれる!

水槽のカメと触れ合い、ウミガメ教室やウミガメ放流会に参加して『自分のウミガメがほしい!』なんて思っちゃったアナタのために(笑)小笠原生まれのアオウミガメの里親になれるプログラムが用意されています。

その名も『ウミガメのパピーウォーカー』

パピーウォーカーは、『盲導犬候補の子犬を約10ヵ月間、家族の一員として迎えてもらう』活動のことです。

パピー(子犬)ならぬ子ガメの里親になると、海洋センターのスタッフから毎月、コメント付きの写真が送られてきます。半年くらい経った頃に個体識別番号のタグを付けられ、スタッフの手によって放流されます。その頃に来島可能なら、アナタの手で放流することもできますよ!

里親となったアナタのカメが個体識別番号によりどこかで目撃されると、登録されている住所にそのお知らせが届きます。巣立ったアオウミガメは30~40年後、同じ浜に帰ってくると言われています。

小笠原で産まれたアナタのカメが、再び小笠原の海に帰ってきたよっていうお知らせが届くかもしれないのです!

みぃ
みぃ

なんてロマンチック!!

いまはまだ小笠原へ行けないけどいつか行ってみたい、という夢に託すのもいいし、アナタのお子さんへウミガメを託すのもいいと思いますよ♪**

詳しい情報はこちらから⇒ ウミガメのパピーウォーカー

 

まとめ

海に面した水槽でのんびり泳ぐカメさんたちをながめるのは、心癒されるひとときです。
ツアーの隙間時間にさっと立ち寄るだけでも、カメの表情にほんわかしますよ♡

アオウミガメの産卵数日本一の小笠原から自然環境や野生動物の保護に興味を持ったアナタは、ウミガメ教室やパピーウォーカーに参加しながら、自然保護活動にかかわっていくのもいいですね!

 

この小さな島に住んでいると、自然の流れや変化に敏感になります。

普段は都会で生活している方も、この海洋センターを訪れたことをきっかけに、海にやさしく(=地球上の自然環境にやさしく)接することを心がけてくれるようになったらうれしく思います♡

 

 

 

よかったら、応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

コメント