モモタマナの紅葉シーズンがやってきた

小笠原の動植物

2~3月頃は、『モモタマナ』が紅葉します。

内地では梅の開花が話題となり、島内ではカンヒザクラが満開を迎え、春の雰囲気いっぱいの時季に紅葉。。。

ちょっと変わっていますね(笑)

小笠原は【亜熱帯気候】に属するので、いわゆる『日本の四季』とは違う趣きが見られるのです。

 

スポンサーリンク

モモタマナは小笠原唯一の落葉広葉樹

モモタマナは、島で唯一の落葉広葉樹です。

小笠原にはモミジやイチョウの木はないので、秋の紅葉はありません。

 

島に来たばかりで植物のことを何も知らなかった頃、『ももたまな』っていう言葉の響きがかわいくて、それだけで好きになりました(笑)

名前の由来

種の外皮が桃のような形をしていること
大きくてやわらかな葉っぱがおいしそうなので、キャベツの別名『玉菜』(たまな)を引用

モモタマナの種

モモタマナの葉っぱ

小笠原の固有種ではなく、熱帯地方に広く分布していて、日本では沖縄にも自生しています。

種がヤシの実のように繊維で囲まれているので、ぷかぷかと海を渡って子孫を広げていくのです。

 

大きな【モモタマナ】のちいさな花

モモタマナの樹は20mを超えるほどの高木となります。

赤くなった葉っぱが全部落ちたあとの枝の広がりはとてもアーティスティックで、子どもの頃に見とれた絵本のよう。

ひとつひとつの葉っぱが大きく、枝も大きく伸びて大きな日陰ができることから、公園に植えられたりすることも多いようです。

 

こんなにも大きくなる樹なのに、花は小指の爪よりもちいさいのです。

星の妖精みたい

かわいすぎる♥♥

この【星の妖精】に出会えるのは9月末~10月頃です。

 

小笠原の2月は紅葉とお花見

冒頭でも触れましたが、2月上~中旬は【カンヒザクラ】が満開を迎えます。

 

 

桜を愛でたり、紅葉を楽しんだり。

 

海がザトウクジラで賑わっているこの季節、見るものがたくさんありすぎて忙しい(笑)

小笠原唯一の落葉広葉樹林【モモタマナ】

 

モモタマナの実は食べられる!?
好奇心サイズ【3L】な、みぃのチャレンジはこちらから↓↓↓

 

よかったら
応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ
にほんブログ村

コメント

  1. 山岸紀子 より:

    “ももたまな” 可愛い響き
    初めて見聞きしました〜。
    花もホントに星の妖精
    気持ちがダウンした時に“ももたまな”と唱えてたら元気になれそう‼︎