モモタマナをお手本に、上を向いて歩こう

島の植物
スポンサーリンク

小笠原唯一の落葉広葉樹・モモタマナ

以前も書きましたが、島の植物『モモタマナ』が好きです。

2週間ほど前に紅葉していて『ビーデビーデに負けるもんか』と(笑)緑色の濃い島の景色の中に『赤』という彩りを見せてくれていましたが落葉して新芽が出てきました。

 

上を向いて、空を見上げて

ひとつひとつの葉っぱが大きいので葉が生えそろっているときには気が付きませんが、落葉した枝先から新芽が出てきて葉っぱが広がり始める頃には、チューリップを思い出させるような出で立ちで、視界を広くして見てみるとチューリップ畑みたいでかわいらしいのです。

そして
大きくなる木なので下から見上げているだけだとわからないのですが、目線と同じ高さで見てみると、みんな揃って上を向いている姿が見えてきます。

狭い島社会の中でいろいろな心情を抱えているときにこの景色を目の前にすると、その姿がやけにまぶしく見えて『モモタマナを見習って上を向いて歩こう』と思ったりするのです。

 

朝のヨガは、モモタマナを見習って

10年以上前からヨガを続けています。

きっかけはO脚を直したいと思ったのが始まりでしたが、自分の呼吸に意識を向けて集中してポーズを行っていると、心が落ち着き身体も心も一緒にまっすぐになっていく感じがします。

実際
O脚は簡単には治りませんが(笑)

日々の生活の中で心にまとわりついて歪みを引き起こしそうになる目に見えないモノを取り払って、きれいにしてくれる効果を感じます。

亜熱帯という温暖な気候の島ですが、寒暖の差が大きく身体も心も不調になりがちな春の朝。

意を決して起き上がり、大好きなビーチで波の音に包まれながらのビーチヨガに出かけます。

朝のヨガは、両手と胸を広げて上を見上げます。


胸を上に向けると、考え方も前向きになると言われています。

波打ち際と広げたヨガマットの間に広がる、モモタマナの芽吹く新芽に誘導されるような朝のポーズ。

気持ちを整えて仕事に向かえます。

今朝もありがとう♡

 

 

 

よかったら
応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

コメント