お出かけ前に確認!女子ダイバーのための忘れ物チェックリスト

ダイビング
スポンサーリンク
海でもきれいを目指す女子ダイバーのみなさん、こんにちは!
ダイビングに関するオンナの子ならではお悩み・疑問に、ダイビングインストラクター経験者のみぃが今回もお答えしますね♪

 

ダイビング旅行って荷物が多すぎて、出かける前夜はほぼパニック!
もっと効率よく準備できないものかしら…

 

みぃ
みぃ

忘れ物すると、代替品が簡単に手に入らないダイビング旅行。
チェックリストを見ながら万全な準備をして出かけましょう!

この記事は、こんなアナタに読んでほしい

ダイビング旅行で忘れ物をしないためにはどうしたらいい?

 

*女子ダイバーのお悩み解決*

1・ダイビング時の持ち物チェックリスト
⇒今日のお話はこちら

2・ダイビング時の水着
3・ダイビング時のメイク
4・ダイビング時のヘアスタイル
5・ダイビング時のトイレ
6・生理の時のダイビング
7・海をおしゃれに楽しみたい

 

ダイビング旅行の持ち物チェックリスト

みぃの持ち物チェックリストはこちら!

では、ひとつずつ解説していきますね!

 

ダイビンググッズ

ダイビング器材

フルレンタルでのダイビングは別にして、マイ器材を持っているのに忘れ物をしたらレンタル代がかかっちゃってもったいないですものね!

・BCD

・レギュレーター

・ウエットスーツ

・マスク&スノーケル

・フィン&ブーツ

・ダイブコンピューター

・メッシュバッグ

 

ダイビングアクセサリー類

Cカード&ログブック

Cカードは、アナタのダイビング免許証。これを忘れてしまうと、海外では潜らせてもらえません。

ダイビング認定団体PADI のショップでは名前と生年月日でダイバー検索をすることが可能ですが、利用するショップとアナタのCカードの認定団体が同じとは限りませんよね。

 

また、海外ではダイビング経験の証拠としてログブックの提示を求められることもあります。

これはもう、いちばんに準備しておきましょう。

 

水着

ダイビングの旅行先が小さな離島の場合、水着を売っているような店はないと考えておきましょう。大型リゾートではお土産屋さんで購入できる場合もありますが、サイズの合うものや気に入ったデザインのものがあるとは限りません。

安価なアイテムではないので、自宅での保存先をスーツケースの中にしておくというのもいいかもしれませんね(笑)

ダイビングでの水着選びに迷ったら、こちらを参考にしてください♪**

 

 

・サンダル

フードベスト&ボートコート

オンナの子にとって冷えは大敵! 季節によっては、防寒対策を忘れずに。

・シグナルフロート

・水中ライト

こちらはエマージェンシーグッズ(緊急時対応アイテム)。

ドリフト・ナイト・ケーブ(流れがあったり暗いところ)など、特殊な環境や水域でのダイビングでは必要になります。

 

カメラ用グッズ

カメラがなくてもダイビングはできますが、せっかく持っているのに忘れちゃったら悲しすぎます。

レンズやストロボなどのアクセサリーが多くなるほど、見落としに気をつけて!

・デジカメ

・ハウジング

・レンズ

・ストロボ

・デジカメ用充電器

・シリコングリス

数日間続けてダイビングするなら、予備のバッテリーやメディア(SDカードなど)も忘れずに。

 

 

ダイビング時の便利グッズ

・ウォータープルーフバッグ

・セイムタオル

・ラッシュガード

・パレオ

軽くてかさばらないパレオは、ラッシュガードを持っていなくても一枚あるととっても重宝します。

ダイビングの休憩時には日焼け防止に、アフターダイブでは上手に羽織ってスカートやワンピース仕様にも。

 

・ジップロック or ビニール袋

濡れたものを持ち帰るときのために、一枚もっていると役に立ちます。

 

お泊まりグッズ

・洗面用具&基礎化粧品アイテム

ダイビング先の宿泊施設にもよりますが、シャワールーム備え付けのアイテムは簡素なことが多いです。

髪を守るためのコンディショナーや大量の紫外線を浴びた後のスキンケアグッズは、普段使いのものを携帯ケースに入れて持参するのがおススメです。

 

・コンタクトレンズ&メガネ

コンタクトレンズ愛用者の方は、失くしてしまったときのことを考慮して予備を用意しておきましょう。

・携帯電話用充電器

・着替え

ダイビング用アイテムが多いので、服はコンパクトにたためるアイテムでそろえるのがコツです。

パジャマ用にはTシャツとショートパンツ、アフターダイブのそぞろ歩きには薄手のリゾートワンピースが重宝します。

暑い土地のお店は冷房が強すぎたりするので、薄手のカーディガンやパレオがあると便利ですよ!

 

旅行携行アイテム

・パスポート

・旅行社のバウチャー

・旅行保険証券

・免許証

・保険証

・クレジットカード

・現金

海外の場合はパスポート、旅行社バウチャーがないとツアーに参加できなくなってしまいますから、手持ちバッグにはいちばんに入れておきましょうね。

クレジットカードはかなり活躍できるようになりましたが、小さな離島などではカード払いのできないショップもまだあります。事前に確認しておきましょう。

また、海外の場合チップが必要な国もありますから、現地通貨のコインも用意しておきましょう。

 

まとめ

ダイビング器材から海用小物と、荷物の多いダイビング旅行。

旅先で忘れ物に気付いても、代替品が買えるような大型ショッピングモールなどがあるとはかぎりません。

みぃ
みぃ

持ち物チェックリストを確認しながら効率よく準備をして、睡眠不足でダイビング、なんてことにならないようにしましょうね!

 

コメント