小笠原ダイビングの集大成!ダイバーを魅了する『泊まりケータ』

ダイビング
スポンサーリンク

『泊まりケータ』とは?

『泊まりケータ』
もう、小笠原ダイビング業界の専門用語ですね(笑)

言葉の通りと言ってしまえばそうなのですが…
泊まりがけでケータ列島へダイビングに出かけるツアーのことです。
おがさわら丸入港中はいろいろなゲストが入り混じるので、日帰りのツアーしか開催されません。
泊まりケータは、おがさわら丸の出港翌日に出発し、入港前日に父島に戻るという日程になります。
なので、このツアーに参加希望の方は『2航海』と呼ばれる日程を組んで小笠原に来なければなりません。

通常、おがさわら丸は島に到着後3泊して東京に向かいます。
乗ってきた船で東京へ帰るのが『1航海』
一度船を見送り、次に父島に入港してくる便で帰ることを『2航海』と言います。
これも小笠原用語のひとつですね(笑)

ある程度水温が上がって海況の落ち着く6月下旬から、各ショップが夏の繁忙期を迎える直前の7月中旬までと、開催時期も限られています。
この短期間のなかで『泊まりケータ』を狙い、毎年2航海という旅行行程を組んでやってくるリピートダイバーを生みだしているツアーなのです。

ケータとは? その魅力とは?

おがさわら丸の到着する父島より50㎞ほど北に位置する嫁島から、さらに北へ30㎞ほどにわたって連なる無人島列島。
そのなかでいちばん大きな島・聟島(むこじま)の別名がケータ島というところから、聟島列島全体を指して『ケータ』と呼ばれています。
戦前は民家もあったとはいえ、ほぼ人の立ち入らない無人島の並ぶこの海域は、島を望む景色も水中景観も、ダイナミックで野性味にあふれます。

聟島列島最南端の嫁島にある『マグロ穴』という有名ポイント。
多くの水中写真家の方々からも絶賛されるこちらのポイントは、日帰りでのツアーが催行されています。
逆に、時間の限られている日帰りでは嫁島までの遠征がせいいっぱい。
それなら泊まりがけでコアなポイントに潜りに行こうじゃないか、というのが『泊まりケータ』なのです。

ノンダイバーの方からは『ケータってそんなにいいの?』とよく聞かれますが、そんなにいいのです(笑)
なんといっても魚影が濃い!

父島周辺でも外洋に面して潮当たりの強いポイントでは『ウメイロの壁』『クマザサのカーテン』などと称されるような景観に出会えるポイントもありますが、そんなふうに群れを形成するサカナたちが、ケータ周辺では大きな塊となり、『サカナの玉』となります。

船を操るキャプテンが『浅根かと思ったらサカナだよ、ほら』なんていうことも。
水中では、その玉や壁やカーテンがパン!と割れたかと思うと大型回遊魚の乱舞が現れたり

早い潮流に乗ってやってくる思いがけないサカナに出会えたり。
1ダイブの40分間は、あっという間に過ぎていきます。

ダイビングだけじゃない『泊まりケータ』の魅力

イルカとのラブラブスイム♡

小笠原の海のツアーでは野生イルカと泳ぐことができるのが大きな魅力のひとつですが、イルカとの遭遇率・彼らが機嫌よく人間と遊んでくれる率も、ケータでは父島周辺より高まります。

これもまた小笠原ダイビング用語の『水中イルカ』
ドルフィンスイムのツアーではイルカの群れを探して追いかけるように海に入りますが、ダイビングをしていると、ダイバーの周りにイルカがやってくることがあります。
こちらがイルカを追いかけるのではなく、イルカがこちらにやって来てくれるのです!
なんて魅力的なことでしょう♡

彼らのご機嫌がいいと、ダイバーが船に上がったあとも船の周りに集まってきます。
船に上がったダイバーは機材やウエットスーツを脱ぎ捨て、シュノーケルセットだけを身につけて再び海へエントリー。
上手に誘うと、キスできそうな距離で見つめあって泳ぐこともできるのです!

大自然の鼓動を感じる黄昏と満天の星空

ダイビングですばらしい景色に出会い、野生イルカと至近距離で戯れた後には、空も海も島も黄昏色に染まるサンセットタイムを堪能しながらのビール。

夕食後は、明かりの全くない無人島の湾内で見上げる満点の星空。
すべてが特別な体験です。

体力を使い果たすほどに遊び、感動に包まれ、とびきりの笑顔を与えてくれる『泊まりケータ』
その辺の海外に行くよりも、私は絶対こっちです(笑)

 

よかったら、応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

コメント