生涯に一度しか会えない花!?

島の植物

東京・竹芝桟橋から1000km南の父島が
定期船・おがさわら丸の入港する『小笠原の玄関口』ですが
そこからさらに50km南にに、もうひとつの有人島・母島があります。

ダイビングの仕事を引退した後
お料理の仕事に転向するため、2年ほど住んでいました。

50kmしか離れていないのに
そこに植生する植物たちは父島で見かけるモノと大分違い
近所を散歩するだけで、新しい発見がたくさんありました。

その中で大きく印象に残っている植物のひとつが
『トックリラン』です。
メキシコ原産の園芸種で、小笠原固有の植物ではありませんが
貴重な思い出を作ってくれた花なのです。

それは、在島中2年目に働いていたレストランの
玄関先に植えられていました。

株元はだいぶ大きく
2階への階段を上がったあたりで細長い葉がふさふさと生えていて
特別目に付くような外観ではなく
外見はヤシみたいだけど、幹がゴツゴツしているからヤシではないのね
という認識だけで、特別な興味もなく見ていました。

その店でアルバイトをしながら2階に住んでいた子は
その木を『モリゾー』と呼んでいたのですが
ある日
『モリゾーから、なにか生えてきました!』
とびっくりしているので階段を上がって見てみると、
葉の中心から枝が伸びてきていました。

その枝は2、3日でぐんぐん伸び、
なんと、花が咲いたのです。

わさわさと大きく広がる葉っぱよりも
さらに大きく広がる花の様子はとても興味深く

私にとっては初めて目にする景色だったので
私よりも長く住んでいる知り合いに聞いてみたのですが
『初めて見た』という人ばかり。

比較的好奇心の強い人が多く住んでいるので
その様子は島の中でも話題になり、
いままであまり気に留めていなかったその木は
『トックリラン』という名前で
十数年に一度しか花を咲かせない、ということがわかりました。

島のお年寄りに聞いて歩いていた人が
『90歳近い人が初めて見たと言っていた』との話から
『80年に一度しか花を咲かせないらしい』という噂にもなりました(笑)

こんなに大きな木なのに
ひとつひとつの花はとても小さくかわいらしくて妖精のようです。

ちいさい分だけたくさんの花を咲かせるので、
レストランの玄関先には毎朝
花のじゅうたんが広がっていました。

花を咲かせるのが、十数年に一度なのか
80年に一度なのか、正確にははわかりませんが(笑)
ずっとそこに住んでいない限り
…もしかしたらずっとそこに住んでいても、
この花に会えるのは、ほんとうに一生に一度かもしれません。

そう思うと感慨深く、
さらに愛おしく感じられて
この貴重な花に出会えた時間と環境にうれしくなるのでした♪**

コメント