豪雨な一日の最後に、空と海からのプレゼント

島暮らし
スポンサーリンク

小笠原には『梅雨入り宣言』がありません

テレビで天気予報を見ていると、ゴールデンウィークの開けた頃に『沖縄地方は梅雨に入りました』などというニュースが流れますね。
その後『関西地区は…』とか『関東地区は』と梅雨入り宣言が北上していきますが、小笠原に関してはインフォメーションがありません。
所属が東京都なので、関東地区に入れられているのでしょうか(笑)

小笠原は沖縄と同じく、ゴールデンウィークから5月中旬頃に梅雨に入ります。
テレビやニュースは教えてくれませんが、日ごろから天気図を見て自分で天気予報をする人が多いので、『梅雨に入ったみたいだね~』という会話が行き交います。

15時まで豪雨、自宅待機

一昨日天気図を見たときに、左右に伸びる前線が小笠原付近にかかっていたので覚悟していましたが、昨日も今日もよく降りました。
この小さな島では雨の降る時にはほぼもれなく風をともなうので、小さなワゴン車のマーメイド号は、雨が降ってくるとカウンターまわりがびしょ濡れになってしまいます。

昨日はオープン後に降ってきて、しかもけっこうな降りかただったので、ひとり大騒ぎでした(笑)
今日は朝からずっと豪雨。
雨が止んだら出かけようと準備するも、一向に収まらない雨。
ご依頼をいただいて早朝に仕上げたバースデーケーキを抱えたまま出店に向かえず、自宅にお届けかな~と思い始めた15時頃に雨足が弱まり、準備を整えて出発。
本日の開店は、2時間限定が決定でした。

帰り道、空からのプレゼント

無事にケーキの引き渡しができ、雨上がりを待ち受けて外に出てきた方と会話を交わし、オープンの2時間後にはクローズしての帰り道。
厚い雲に覆われた空の下を走りながら西の海が見渡せるお気に入りスポットを通りかかると、空を覆う雲と水平線の間に雲の隙間が!

厚い雲の下から漏れるオレンジ色の光が烏帽子岩周辺を染め、べた凪の海に移り、幻想的な美しさを創り出していました。
その景色に見惚れること数分、雲の下から顔を出した太陽が、水面に濃いゴールデンロードを流してくれたのです♡

ほぼ一日中雨が続き、夕方になっても厚い雲に覆われたなか、こんな素敵な景色を見ることができるなんて、誰が想像したでしょう!?
やはり、サンセットタイムはあなどれません♪**

開店わずか2時間のカフェの売り上げを上回るステキな景色を見せてくれた空と海に感謝♡
今日もありがとう♡♡

 

 

よかったら
応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

コメント