ダイビングしたいけど日焼けしたくない!女子ダイバー必見・日焼け対策

ダイビング

海でもキレイを目指す女子ダイバーのみなさん、こんにちは!

ダイビングに関する女子ならではお悩み・疑問に、ダイビングインストラクター経験者のみぃが今回もお答えしていきますね♪

夏!海!ダイビングの季節!

ダイビングはしたい…
…でも…日焼けしたくない

ダイビングが楽しい夏は、紫外線量が増えて日焼けしやすい環境になりますね。

でも

ダイビングしたいけど日焼けしたくないからダイビングしない…なんてもったいない!

ダイビングしたいから日焼け対策をバッチリしてダイビングを楽しむ!→これが正解♪**

みぃ
みぃ

ダイビングに出かける前からの日焼け対策を整えて、この夏も海を楽しみましょう♡

 

この記事は、こんなアナタに読んでほしい
ダイビングはしたいけど、絶対日焼けしたくない!
スポンサーリンク

紫外線から肌を守る『着る日焼け止め』

全身に日焼け止めを塗るのは大変! ラッシュガードやレギンスを着用して、紫外線からボディを守りましょう。

ラッシュガード&ラッシュパーカーで上半身の日焼け止め

ラッシュガードはウェットスーツのインナーとしても活躍

ラッシュガードは、腕や背中・お腹周りをガードしてくれる、お手軽な日焼け対策アイテムです。
もともとはサーファーが多く着用していましたが、最近では海水浴のときにも着用する方が増えてきました。薄手のポリエステルやポリウレタン等の素材でできていて、乾きやすくて動きやすいのが特徴です。1500~2000円と、値段もお手軽ですね。
また、ウエットスーツを着るときの摩擦を軽減してくれるので、スーツの脱ぎ着に毎回苦戦している方にもおすすめですよ♪**

ラッシュパーカーで、首筋や手の甲も紫外線ブロック

ダイビングツアーって、実際にダイビングしている時間よりも、ボートでの移動やビーチでの準備に費やす時間の方が長いですよね。

ダイビングを1回終え、ウエットスーツを上半身だけ脱いで次のダイビングの準備をするときや、ボートでの移動中に羽織るなら、フード付きのラッシュパーカーをおすすめします。

フードをかぶれば首筋もガードしてくれるし、指穴付きなら手の甲もカバーしてくれます

ラッシュレギンス着用で下半身の日焼け止め

ダイビングの休憩中、窮屈なウエットスーツは脱ぎたいけど足の日焼けが気になる・・・という方は、ラッシュレギンスを着用しましょう。ラッシュガードと同じく、ウエットスーツを脱ぎ着するときの摩擦も減って、スーッと着られる利点もありますよ。

トレンカタイプなら、足の甲までガードしてくれますね。

帽子をかぶって紫外線から髪もガード

頭上から降り注ぐ紫外線。頭皮や髪も、日焼けすると水分が失われてパサパサになります。ダイビングの休憩中は、こまめに帽子をかぶるようにしましょう。

サングラスをかけて目から入る紫外線もカット

ダイビングツアー中、ずっと長袖やウエットスーツを着ていたのになんとなく身体全体が黒くなっている…っていう経験ありませんか?
実は、目から入る紫外線も日焼けの原因になるのです。これは、目から入った紫外線が体内のメラニン色素に働きかけることによります。
夏の強い紫外線から目を守るだけでなく、日焼け防止の意味でもUV加工されたサングラスをかけるようにしましょう。
スポンサーリンク

 

顔周りを中心に『塗る日焼け止め』

いちばん手軽で一般的な日焼け対策ですね。
ダイビング中は水に入っているから安心…なんてことはありません。紫外線は水中にも降り注いでいるのです。
水や汗に強いウォータープルーフで、SPF値(※1)が大きくPA(※2)を表す+の多い日焼け止めを選びましょう。

(※1) SPF Sun Protection Factor (サンプロテクションファクター)の略で、紫外線防御指数。紫外線B波から肌を守る時間の目安を表す数字で、SPF1=約20分です。
SPF50なら、20分×50=1000分。16時間以上B波をブロックしてくれるということです。

(※2)PA Protection Grade of UVA の略で、UVA防御指数。紫外線A波をブロックしてくれる大きさを表します。+~++++の4段階で、+が多いほど肌を守ってくれるということになります。

 

みぃがずっと愛用している日焼け止めはこちらです↓↓↓

 

塗りなおしはこまめに

水に強いウォータープルーフタイプといえども、1回ダイビングを終えるごとにこまめに塗りなおしましょう。

濡れたままだと肌なじみが悪くなるので、海水を水で洗い流したらタオルでしっかりと水分をふき取ってから塗りなおしてくださいね。

また、ハワイやパラオなど海外の一部では、日焼け止めに含まれる化学物質による環境汚染(サンゴの白化など)も懸念されていて、日焼け止めクリームが禁止されている場所もあります。

化学物質の入っていない、環境にやさしい日焼け止めを選ぶなどの配慮も心がけましょう。

 

『飲む日焼け止め』で内側からケア!?

海外セレブが愛用しているということから話題になり、数年前より注目を浴びてきている『飲む日焼け止め』
その効果は、日焼けをした時に体内に発生する『活性酸素』に働きかけ、紫外線対策をサポートすることによって肌の健康を保ってくれるというもの。
皮膚科の医師の意見でも賛否両論ではありますが、『飲む日焼け止め』を飲んだだけで日焼けしないということはないようです。
即効性はないけれど、日焼けによる肌トラブルを軽減し、美肌をサポートしてくれるサプリメントとして常用する価値はあるようですね。
続々と発売されている『飲む日焼け止め』ですが、2019年夏のランキングトップとなっているのは『リブランコート』
『飲む日焼け止め』を4年間飲み続けた美容ライターさんのご意見はこちらです↓↓↓

まとめ

紫外線が大量に降り注ぐ、夏の海。太陽光線が強くなるからこそ、海もキラキラしていっそうキレイになるのです。
その美しい景色を堪能しないなんてもったいない!

先ずはいちばんの必須アイテム、ウォータープルーフの日焼け止めを手にしましょう。

それから少しずつ、お気に入りの水着に合わせたラッシュパーカー、デザインも豊富になったUVカットのサングラス、おしゃれで機能的なサファリハット、の順にコーディネートを楽しんでみてくださいね♪**

 

みぃ
みぃ

日焼け対策をバッチリしてダイビングを目一杯楽しんだら、あなたの心の中も、海のキラキラでいっぱいになりますよ♡

 

ダイビング後のお肌と髪のお手入れについては、こちらも参考にしてみてくださいね♪**

コメント