小笠原でおススメのシュノーケルスポット『境浦海岸』で、戦跡体験!

小笠原のおすすめビーチ
スポンサーリンク

シュノーケルで沈船が楽しめる『境浦海岸』

小笠原諸島・父島の有名シュノーケルスポット『境浦海岸』

こちらの魅力は、なんといっても沈船体験のできること。

世界中でシュノーケルの楽しめるビーチは数知れずとも、泳ぎながらにして戦跡を体験できるところはそうそうありません。

あちこちでシュノーケル体験をしたきた方でも、一見の価値あるビーチです。

 

『境浦海岸』は街から10分の距離にある秘境

街中の湾岸道路を扇浦方面へバスで10分足らず。 住宅街を通り抜けて坂を上がり、3つ連なったトンネルを超えると右手に境浦の景色が広がります。

 

村営バスは1時間に1本しか走っていないので、出発時刻は要チェック!

宿泊宿が街中なら、始発の『村役場前』が便利です。

 

一日で複数のビーチ巡りをしたい方は、起動力のいいレンタルバイクがおすすめです。

小笠原観光 パパやマリンスポーツ ではシュノーケルセットやウエットスーツ、ライフジャケットのレンタルもあるので、道具を持っていない方は一緒に申し込むとラクですね♪**

バス停からわりと急勾配の坂を降りていくと、高木の木々に囲まれた東屋に到着です。


シュロッ葉で葺かれた屋根がおそろいのトイレも併設されています。

小高い山と高木の木々をバックに、目の前に広がる白い砂浜。

道路から離れているので車のエンジン音も届かず、耳に入るのは波の音と鳥のさえずりだけ。

街中の喧騒からわずか10分で、プライベート感たっぷりの雰囲気に包まれます。

 

座礁船(沈没船)・濱江丸をシュノーケルで楽しむ

沖合数十メートルのところに見える赤錆のかたまり。

かつては船の形がはっきりとしていましたが、

<写真参照:楽園小笠原をツーリング

昭和19年の座礁から70年以上経ったいま、遠目にはそう言われなければ船とは認識できないかもしれません。

とは言え、シュノーケルセットを身に着けて近づいてみると船の形が見えてきます。

そして船にはサンゴが付き、サカナたちの住み家となって、立派な漁礁を形成しています。

近づいて見てみると、海面上に出ている船のエンジン部なども迫力を感じますね。

濱江丸は軍事物資を運ぶための貨物船だったので、船の周りを1周泳いでみるとけっこうな距離となり、その大きさを感じることができます。

 

『境浦海岸』で、のんびり過ごす一日

ビーチ巡りのシュノーケル三昧に先を急ぐ方は別として、『小笠原でのんびり過ごす』ことを目的としている方には、こちらの境浦海岸で一日ゆっくり過ごすのも贅沢な時間の過ごし方です。

シュノーケルでほどよく体力を使ったあとは、波の音に包まれながら木陰でゆっくりお昼寝。

驚くほどに心が浄化されますよ♪**

 

意外と奥行きのあるこのビーチを、のんびり散策するのもいいでしょう。

倒木が風化し、巨大な流木と化している姿には自然の織りなすアートを感じます。

そのオブジェの中に誰かが付け足したブランコも人気。

海を眺めながら、何を考えるでもなく波の音に合わせてゆらゆらしているだけで、心癒されますよ♪**

 

 

まとめ

『沈船』が見られることで有名な境浦海岸。

美しい砂地の広がるビーチに座礁している『濱江丸』周辺は、第二次世界大戦の歴史を体感しながらフィッシュウォッチングを楽しめる、一見の価値あるビーチです。

十分な飲み物とお弁当を持って一日のんびり過ごすもよし、バイクを借りてさっとひと泳ぎしに行くもよし、滞在中のスケジュールに合わせて楽しんでみてくださいね!

 

小笠原旅行のお得なパックの情報はこちらから↓↓↓
ナショナルランド 小笠原海運

 

 

よかったら、応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

コメント