小笠原のおすすめビーチ【コペペ海岸】はまるでプライベートビーチ!

コペペ海岸 小笠原 おすすめビーチ 小笠原のおすすめビーチ

島に住んでいる人々は、【海岸】とか【ビーチ】を付けずに【コペペ】と呼んでいます。

今日のコペペはすごくきれいだったよ~!

ってそれだけ耳にしたら、何がきれいだったのかさっぱりわかりませんね(笑)

 

コペペ海岸は、多くの宿が集まる大村地区からは遠いしバス停も近くにないので、ツアー三昧の方は訪れることがないかもしれません。

でも、この島に住んでいる私はいちばん好きなビーチ。

 

【コペペ海岸】は、リピーター観光客にも隠れファンの多いステキなビーチなのです

 

スポンサーリンク

【コペペ】という名の由来

コペペ海岸 小笠原 おすすめビーチ

始めて耳にしたら、『コペペって、なに?』って思いますよね(笑)

コペペって、人の名前なんです。

ギルバート諸島からやってきた、コペペという名のおじいさんが住んでいたことから、【コペペビーチ】と呼ばれるようになったと言われています。

ギルバート諸島ってどこ?

ですよね(笑)

パプアニューギニアとハワイの中間くらいの位置にあります。


<Google map>

きっと、カヌーを漕いでやってきたのでしょう。

 

『俺はミクロネシア人だ』っていう誇りがあるのに

『ここはイギリスの植民地である』って威張られたり

『海図を作るのだ』って言うアメリカ人が何度もやって来たりして

面倒くさくなって『もっと住みやすいところを探そう』って旅に出て、たまたま到着して『いいとこじゃん』って気に入って住んでいたのかもしれませんよね。

小笠原って、そういう人たちがいっぱいいるから(笑)

 

コペペ海岸の楽しみ方

コペペ海岸 小笠原 おすすめビーチ

白砂のビーチや木陰のベンチに座り、波の音と木々のざわめきを耳にしているだけでとても気持ちいい海岸です。

シュノーケルセットを身につけて泳げば、きれいなサンゴやサカナを見て楽しむこともできます。

コペペ海岸 小笠原 おすすめビーチ

近年、サンゴは海水の温暖化や工事の影響で傷みが見られますが、そこを住みかにしているサカナたちのたくましさを感じたりもします。

体力のある方は、となりの【小港海岸】まで泳いでいくのもいいでしょう。

【小港海岸】へは遊歩道も整備されています。
が、勾配が激しいので泳いで行った方がラクで楽しい、とみぃは思います。。。
コペペ海岸 小笠原 おすすめビーチ

小港海岸への遊歩道入口

みぃ
みぃ

私のコペペセットは、パレオとシュノーケルセットとランチ

ゆっくりシュノーケルを楽しんだら、砂浜に広げたパレオでお昼寝。

目が覚めて、お腹がすいたらランチやスナックを食べてゆっくりと過ごします。

 

トイレも併設されているので、安心してゆっくり過ごすことができますよ。

コペペ海岸 小笠原 おすすめビーチ

普通の水洗トイレとはちょっと使い方がちがうので、トイレ内の説明書きをよく読んでから使用してくださいね**

 

 

スポンサーリンク

コペペ海岸へのアクセス

コペペ海岸 小笠原 おすすめビーチ

バス停からは距離があるので、レンタカーやレンタルバイクを利用するのがおすすめです。

 

レンタカーもバイクも出払っていたら・・・バスを利用しましょうか。。。

いちばん近いバス停は【亜熱帯農業センター】

1.6キロあるので、歩いて20分ほどかかります。


<Google map>

【扇浦海岸】からは1.7キロ、歩いて23分くらいです。


<Google map>

バスは1時間に1本ペースなので、帰りの時刻表を確認しておきましょう。

 

コペペ海岸で【のんびり】【ゆっくり】を味わいませんか?

コペペ海岸 小笠原 おすすめビーチ

旅行に出かけると、旅行先でのアクティビティを詰め込みがちですよね。

特に初めて小笠原へ旅行に来た多くの方々は『次はいつ来られるかわからないから』と連日ツアーに参加し、忙しく遊んで帰っていきます。

 

みぃ
みぃ

気持ちはわかるけど、ちょっともったいないなー。。。

 

感動的な景色や動植物もたくさんあるけれど、せっかくなので【のんびり】を堪能するというのもおすすめの過ごし方と言えます。

日頃から忙しい生活を送っているのだから、小笠原では忙しくしないで過ごすというのが究極の贅沢とも言えるでしょう。

いまどき交通手段は船だけで、その移動に24時間もかかる東京都の島。

『東京にも、こんなに美しくてのんびりしたところがあるんだなぁ』という気持ちを、ぜひゆっくり味わってみてくださいね

よかったら、応援クリックお願いします♪**

島暮らしランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ
にほんブログ村

コメント