海水浴だけじゃない!シュノーケル上級者も満足できる【扇浦】攻略法

小笠原のおすすめビーチ

小笠原諸島・父島【二見湾】の、おがさわら丸が停泊している大村地区の対岸にある【扇浦海岸】

無料のシャワーやトイレ・レストハウスが整備されているので、島民の利用率も高い海岸です。

波打ち際が砂で覆われているので、子ども連れのファミリーも安心して海水浴が楽しめることで人気のビーチですが、実は、シュノーケリング上級者も楽しめる要素が盛りだくさんなのです!!

今回は、扇浦海岸の隠れた魅力をご紹介しちゃいます!!

 

スポンサーリンク

扇浦海岸へのアクセス

扇浦海岸は、定期船・おがさわら丸の停泊する大村地区の、対岸にあります。

おがさわら丸船客待合所から、距離にして約5キロ。

レンタルバイクやレンタカーがあれば、街中から10分ほど。

湾岸通りを道なりに進めば到着します。

 

免許のない方は、村営バスの利用ができます。

村営バスは1時間に1本しか走っていないので、出発時刻は要チェックです。

宿泊施設が街中なら、始発の『村役場前』が便利ですよ!

停留所【扇浦海岸】で降りれば、目の前です。

 

扇浦海岸の施設

海岸に面した駐車場も広く、無料のシャワー施設やトイレも完備。

屋根付きのレストハウスには、心地よい風が通り抜けます。

 

波打ち際は砂で覆われているのでサンゴで足を怪我するような心配もなく、ちいさなお子さん連れでも安心して海水浴を楽しむことができます。

 

ドリンクの自販機などは設置されていないので、長時間過ごしたい方は用意して持っていきましょう。

 

足りなくなったり忘れちゃったりしても、3分ほど歩いたところにある【ビーチコマ・ミニショップ】で購入することができます。

ちょっとしたおやつも売っていますよ♡

 

 

 

上級者向け、シュノーケリングの楽しみ方

『扇浦って、シュノーケルしても砂地しかないよね・・・』

という声を聞きますが、なんのなんの!

沈船・サンゴ・たくさんのサカナたちが、泳力のあるシュノーケラーを待っていますよ!

扇浦の沈船・その1

レストハウスを背にして、対岸に見える小中学校(いちばん大きな建物)を目指し、300mほど泳いだところに、沈船があります。

崩れてはいますが、船の機関部などはまだカタチが残っています。

うまくルートに乗れると(!?)

この沈船の手前にあるちいさな凱旋門に出会えますよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

みぃ(@mermaid__cafe)がシェアした投稿

 

扇浦の沈船・その2

こちらもレストハウスを背にして要岩を目指し、400mほど泳いだところに、沈船が見えてきます。

最初は砂地しか見えませんが、泳いでいるうちに右手側から岩とサンゴの棚が見えてきます。

砂地とサンゴの棚の境目に沿って泳いでいくと、もうひとつの沈船が現れますよ。

上記の船よりもさらにバラけていて、鉄のかたまりにしか見えないかもしれませんが、こちらも第2次世界大戦の歴史の一部です。

要岩にぶつかった潮が小さい規模で対流しているので、小魚の魚影が濃くなることも。

 

ふたつの沈船をまわってゆっくり泳ぐと、1時間ほどかかります。

真夏は日焼け対策のラッシュガードやレギンス、水温の下がる時期は薄手のタッパー(ウエットスーツジャケット)などがあると寒さ対策になりますね。

 

砂地で出会える意外なサカナたち

広がる砂地は確かにサカナが少ないのですが、時折流木や岩、沈船のカケラなどが鎮座していて、そこがちいさな漁礁になっていたりします。

 

毎年この辺で産まれる【ムレハタタテダイ】の赤ちゃんたち。

 

カヌーレース用に設置されたブイに身をひそめる【ハナミノカサゴ】。

 

季節によってはミズン(イワシの仲間)が大群となり、波打ち際近くで楽しむこともできます。

 

砂地に映る波を楽しむ

私は個人的に、砂地の上にただ漂っているのも大好きです。

水面の波のゆらぎが浅い砂地に映る様子は、とてもきれいで癒されますよ

こういう感じ、

見ていて飽きません(笑)

 

扇浦海岸の周辺散策

海水浴やシュノーケルを楽しみ、木陰でお昼寝してもまだ時間のある方は、扇浦海岸周辺の散策などいかがでしょう?

扇浦海岸を見下ろす【小笠原神社】

扇浦海岸から湾岸道路をはさんだ向かい側には【小笠原神社】が建立されています。

毎月一日には、朝9時から月次祭(つきなみさい)の神事が行われていますので、日程のあう方は参列してみるのもよい思い出になると思いますよ!

 

小笠原神社のさらに上へ上ると、【納涼山】から二見湾が一望できます。

 

 

また、扇浦地区はかつて島の中心であり、官庁関係の建物はこちらに集まっていました。

歴史を物語る石碑も点在しています。

 

スポンサーリンク

 

無人島発見の碑

 

新はりの碑

文久の時代に建碑されたもので、この島の領土は日本だよっていう政府の政策が記されています。

 

小笠原開拓の碑

 

トーチカ(壕)

 

 

まとめ

父島のビーチの中で、トイレやシャワーなどの施設がいちばん整っている扇浦海岸。

広い駐車場もバス停も目の前という、アクセスのよさも抜群です。

 

今回は、何度も通っているリピーター観光客の方々も知らないような扇浦

情報をご紹介させていただきました。

泳力のあるシュノーケラーのみなさま、ぜひご堪能くださいね!

 

 

コメント