困ったときのお助けレシピ・その1

島暮らし
スポンサーリンク

いまさらですが
小笠原への交通手段は、週に一度の定期船・おがさわら丸のみ。

当然、生鮮品を含めた食料品が届くのも週に一度。
入港直後は華やかな食卓になりますが、
葉物やキノコなど、少しでも鮮度のあるうちに食べたい野菜は早めに使い切り、
その後は創意工夫を凝らしたメニューになります。

夏から秋の台風や冬から春の爆弾低気圧などの影響により
船が数日遅れたりすることもあり、
使い切り直前の限られた少ない食材で
食卓を切り盛りしなくては…
と頭を悩ませる、島のお母さんたち。

そんな時に活躍してくれるのが
日持ちのいい玉ネギ・人参・ジャガイモ、のカレーセット!
この3点セットは、入港直前でも
たいてい、スーパーに並んでいますね^^
このお助けセットに
ニンニク・生姜・島とうがらし
ヒジキや切干大根、高野豆腐などの常備してある乾物を組み合わせ
ちょっと目先を変えるだけで
うれしおいしのお惣菜になります♡

そんなレシピを少しずつご紹介♪**

 

『ヒジキとツナのサラダ』
材料:玉ネギ・1個  人参・1/2本 ヒジキ・大さじ1
ツナ缶・1個 マヨネーズ 大さじ1 酢・大さじ2
粒マスタード・小さじ1.5 はちみつ・小さじ1
塩・こしょう

*玉ネギ、人参はそれぞれ千切りにして、塩で揉んでおく
(人参の千切りに、私はチーズおろしを使って時間短縮しています)
*ヒジキはぬるま湯でもどしておく
(タッパーにヒジキと水と少しの砂糖を入れ、レンジで温めると早くもどります)

*ツナと調味料をあわせておく
*塩もみした玉ネギと人参を軽く水で流し、ヒジキと共に水気を切って調味料と和える
できあがり♡

煮物のイメージが強いヒジキですが、
ツナと合わせることで、子どもも喜ぶサラダになります♡
玉ネギの辛みが苦手な方やお子さん向けには、水にさらす時間を長めにするといいです。
写真は、島セロリのピクルスを刻んでトッピング、グリーンを加えました。
塩もみした大根の葉っぱなどもいいですね。

はちみつと粒マスタードが、いい仕事してくれています♪
こってりが好きな方は、マヨネーズ多めにどうぞ♪**

ヒジキを使うだけで
ヘルシーなお惣菜に見えてくるのは
私だけではないはず(笑)

 

コメント