ダイビングインストラクターに恋をした!?ダイビング界の恋愛事情

ダイビング
スポンサーリンク

ガイドの○○さん、カッコいい~♡

インストラクターの○○さんって、ホント素敵♡

みぃ
みぃ

ダイビングインストラクターに恋心を抱く女子ダイバーって、ホントに多いんですよね~…

今回は、みぃが見聞きしてきた男性ダイビングスタッフと女子ダイバーとの恋愛関係についてお話しちゃいます。

…心して読んでね(笑)

この記事は、こんなアナタに読んでほしい
ダイビングインストラクターを好きになっちゃった!
現地のダイビングスタッフとお付き合いしたい!

 

 

ダイビングインストラクターに恋しちゃった!?

器材セッティングやもろもろの準備、慣れない作業と緊張であたふたしているときに『大丈夫?』なんて言いながらさわやかな笑顔で手伝ってくれるダイビングインストラクター。

水中でジタバタしているところへさーっと泳ぎ寄り、身体を支えてくれ、超至近距離・目の前で『大丈夫?』とか『落ち着いて!』などのボディランゲージ

白い歯が輝いて見える日焼けした肌。タンクをガンガン運んだりしているので、引き締まっていて筋肉質の身体

水中で先頭に立つ姿は頼もしく、陸上では楽しい話でゲストを沸かせ、アフターダイブのログ付けやその後の飲み会でも笑顔の輝くダイビングインストラクター。

『守ってほしい願望』を抱える乙女心にはもう、直球ストレート!

『カッコいい~!』って盛り上がっちゃいますよねー!

その気持ちはよーくわかります。

でもね・・・

 

これって仕事なんですよ・・・

 

商売なんです・・・

 

あなただけ特別扱いしているワケではないのです・・・

もちろん、ダイビングインストラクターってステキな人が多いです。だって、大好きなダイビングを、自分で選んで仕事にしているしているわけですから。

ダイビングの仕事って、お客さんの命を預かっているので責任も重いし、連日潜るのは体力も使うし、朝から晩まで仕事にかかわりっきりなのに薄給なので、そうとう好きじゃないと仕事として続けることはできません。そうとう好きだからこそ、そのキラキラした感じが、ゲストにもあなたにも伝わるのだと思います。好きなことをしている人って、輝いていますからね。

 

ダイビングだけでなく、スキーやスノーボード、テニスのインストラクターなんかも同じです。

 

みぃは依然エアロビクスインストラクターを仕事にしていましたが、男性インストラクターはやはり女性に人気がありました。

仕事で普通に接していると、あのレッスン構成とルックスと会話力で、どうしてこんなに女性客がつくのかしら…?と不思議に思うくらい(笑)

でも、大勢の前に立ってゲストを引っ張る姿には、多くの女性が魅かれるようです。

 

だから、そのステキな笑顔はあなただけでなくすべてのゲストに向けられているんだということを、まず認識しておきましょうね。

 

 

ひとりのファンとして、キャーキャー言いながらダイビングを楽しむのにはいいと思います。

大好きなダイビングに出かけるなら、そりゃあカッコよくて心浮き立つインストラクターと一緒に潜る方が気持ちもだいぶ上がりますからね♡

 

 

でも、あなたが本気モードで彼を落としたいと思うなら、話は別です。

 

 

本気で攻めるなら、まずはショップの常連に!

冒頭で書いたように、インストラクターのステキな笑顔が向けられるのはすべてのゲストに対してなのです。アナタだけが特別なワケじゃないのです。

その状況から一歩踏み込むには、まずそのショップに足しげく通って、その他大勢のゲストよりも一歩前に出ることです。

その中で会話を増やしていくのです。『潜降がうまくできない』『安全停止がいつも不安定』『もっと上手に写真撮りたい』などスキルの相談から、『図鑑で調べたけどわからないサカナの名前』『そのサカナの生態』などなど。

リゾートのショップなら、その地域特有ののサカナや自慢のポイントなどがあります。ショップガイドはその魅力を知り尽くしているし、それを喜んでくれるゲストはガイドにとってうれしい存在なので、おしゃべりもはずみます。

アフターダイブのログ付けから飲み会へと流れるショップも多いので、そちらにも参加すればダイビングから離れた会話にもつなげられますね。

 

 

恋愛商法のトリックには気を付けて

とても残念だし信じたくないかもしれないけれど、目をハートにしてすり寄ってくる女子ダイバーをうまく利用しているインストラクターやショップもあります

やたらと高い器材の購入を勧めてきたり、スキルアップの講習を連続受講するようにうながしたり。

目をハートにしたまま、高額のローンを組まされることにならないように気を付けてね!

 

これは、リゾートの現地サービスよりも『都市型ショップ』と呼ばれる、都心や地方都市でのショップに多いようですよ。

現地サービスはガイド料、都市型ショップは講習料や物販が主な収入源なのです。

 

『ひと夏の恋』に飛び込んでみる!?

上記では都市型ショップの恋愛商法について触れましたが、現地サービスでは、その場限りのお付き合いを楽しむスタッフが結構いるのも事実です。

ダイビング~ログ付け~飲み会の流れで、酔った勢いで・・・っていう話もよくありますよ。

『恋のお相手には困らない』と豪語している輩も・・・

現地リゾートショップではあるけれど都市型経営を行っているような母体が大きなショップでは、恋愛商法も一夜限りのお付き合いもあるのです。

 

みぃはダイビングで世界各地に出かけた経験を持つワケではないけれど、『コイツはいつかバチが当たるんじゃないだろうか』と思うような男性インストラクターを何人か見てきました。確かにイケメン。でも、たいてい私好みの顔ではなく(笑)『いろんな意味で若いなー…』と思うような年下クンたちなので、ふーん…と思いながら観察。

数週間その地に滞在していると、そのイントラに心を奪われた初心者女子ダイバーちゃんたちが、みぃオネーさんに悩みを告白しに来るわけですよ。『え?また?』と思いながらも新鮮な表情で彼女たちの話を伺います。

『あーもう、アイツはやめときなさい』と言いたいのをこらえながら。

そしてなぜか、そういうインストラクターを好きになる女子ってほぼ全員『アタシだけは特別なはず』って思いこんでいるケースが多い。やんわりと『彼はモテるし、いろいろ声をかけているわよ』って伝えても『アタシは他の子とちょっと違う』って思いこんでいるのです。

…そう思い込ませるテクニック、それはそれでスゴイなあとちょっと感心しちゃったりもするのですが…

 

『彼がモテるのはわかっている、それでもいいの♡』

という心構えで、ひと夏の恋の思い出作りになってしまってもいいのなら、みぃは止めません。

あとでちょっと泣いたりしても(逆に激怒することになっても)、甘酸っぱい恋の経験(!?)を知らないよりは人生に彩りが加わるはずですから。

スポンサーリンク

 

お客さんと付き合って結婚したインストラクターって、結構多い

前項で書いたように『オマエふざけんなよ』的な男性インストラクターもいるけれど、お客さんと付き合って結婚したっていうインストラクターが多いのも事実です。

みぃの周囲を見回して見てみても、あのヒトもこのヒトも…そのほとんどがお客さんか一緒に働いていたスタッフと結婚しています。

やはり、アフターダイブで一緒に飲みに出かける頻度が上がることで、気持ちも近づいていくのでしょう。

 

ちなみにみぃが住んでいるような島の、現地ダイビングショップで頻繁にショップを利用できる女子というのは、その地域に住んでいる子たちです。飲み屋さん、商店、官庁関係などなど、休みの度にダイビングに出かけられる環境に住んでいる子たち。

数ヶ月のリゾートバイトのつもりで島に来て、ダイビングがきっかけでそこのスタッフと知り合い、付き合って結婚、というパターンは多いですよ。

 

ダイビングでの旅行先で出会ったインストラクターにお近づきになるために、引っ越してみますか(笑)

 

まとめ

カッコよくて頼りになるダイビングインストラクター。

あなたは彼を、ひとりの男性として好きになったのでしょうか?

その職業に就いている彼のイチファンとして一緒にダイビングを楽しみたいのでしょうか?

 

ひと夏の恋でもいいから燃え上がってみたい?

狙いを定めて、彼を落とすために引っ越してみる?

 

みぃはどれも否定しません。恋に全力で臨むのは大賛成!

かく言う私もそういうタイプなので(笑)

**♡**命短し、恋せよ乙女**♡**

 

ただ、ひとつあなたに臨むことがあるとすれば・・・

みぃ
みぃ

たとえその彼とうまくいかなかったとしても、ダイビングは嫌いになったりしないでね(笑)

 

 

コメント