小笠原の地酒で『島ラムレーズンのパウンドケーキ』

Mermaid Cafe
スポンサーリンク

小笠原の地酒はラム

小笠原の地酒はラム酒です。

国内で地酒と言えば日本酒や焼酎、この島と同じような気候の沖縄でも泡盛ですね。

カリブ海の島が発祥のラム酒。
それが小笠原の地酒となった理由は、その原料にあります。

小笠原が1876年に日本領土となってからサトウキビ栽培が盛んになり、砂糖作りの過程で生じる糖蜜を発酵・蒸留して造っていたのです。
もともとは、開拓の始まった1830年頃、最初の定住者である欧米系民が作っていたと言われています。

第2次世界大戦後にアメリカの統治下となりますが、1968年に日本に返還され、島おこしのひとつとして戦前に作られていた酒を復活させようということになって小笠原ラム・リキュール工場が開設され、1992年から販売されるようになりました。

 

島ラムレーズンのケーキ

島の食材でスイーツを作りたいと考えた時に、季節を問わずに手に入る材料として最初に思い浮かんだのが『小笠原の塩』と『島ラム』でした。

ラム酒のお菓子、でよく見聞きするラムレーズン。
レーズンを島のラム酒に漬ければ、オリジナルのラムレーズンになります。

そして、比較的日持ちのするパウンドケーキのバリエーションのひとつとして試作が始まりました。
レーズンは、オイルコーティングされていないものを購入。
そのレーズンを湯通しして、表面をやわらかくあたためてから島のラム酒に着けています。
これで、ふっくらとした島ラム・レーズンのできあがり

先にできあがっていた『小笠原の塩きゃらめる・パウンド』が重厚感のあるしっかりとした食感だったので、『島ラムレーズン・パウンド』は食感を変えてさっくりした口当たりにしようと思い、アーモンド粉を加えました。

ねらい通り、ふんわり仕上がったパウンドケーキ。
ふっくらと漬けたラムレーズンがいい働きをしてくれて、しっとりとした食感にもなりました。

さっくり、ふんわりの『島ラムレーズンのパウンドケーキ』、ぜひ一度ご賞味ください**♡**

オンラインショップはこちら↓

 

 

島ラムスイーツのバリエーション

私個人としては、ラムレーズンと言えばアイスクリーム♡
カフェの移動販売車が軽ワゴンなので収納スペースが限られていますが、なんとか工夫して『島ラムレーズン・アイスクリーム』を商品化したいと考えています。
また、チョコレートとのコラボも絶対おいしいはず!
島ラムレーズン入りのザッハトルテとか、ガトーショコラとか、ああ、想像するだけでおいしい(^^*)

考え出すと止まらない島ラムスイーツバリエーション(笑)
島ラムLover なみなさま、楽しみにしていてくださいませ~♪**

 

よかったら
応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

コメント