困ったときのお助けレシピ・その3

島暮らし
スポンサーリンク

野菜食べたいのに、
ほしい時にほしい野菜が手に入るとは限らない…
いえ、
ほしい時にほしい野菜はないのが普通の小笠原(笑)
月に5回の入港日に、
1週間分の献立を考えて買い物しておかないと、なくなります。
入港から3日たった頃に『ほうれん草のお浸し』が食べたくなっても
もう、ほうれん草は売っていません。

内地と島をつなぐ唯一の定期船・おがさわら丸が
年に一度のドック(定期健診と修繕)のため前回島を出港してから、2週間が過ぎました。
もう、葉物野菜は全く・・・と思いきや、
今年は島の農家さんがとてもがんばってくれていて、
スーパーに島野菜のない日はないといってもいいくらいの充実ぶりでした。
農家さん、ありがとう♡

数年前までは、
この時期に見られる島野菜は『セロリ』くらいでした。
それでも
苦みやクセのない、さわやかな味のセロリを愛する島セロラー(!?)
は意外と多いので、買いそびれてしまうこともあります。

そんな時、散歩途中に出会ったのが『からし菜』でした。

東京で雪が降るような寒い季節でも
ハイビスカスやブーゲンビリア、カンヒザクラなどが咲いていて
花を愛でる楽しみを忘れることのない環境の中、足元に目が止まったのです。
『あれ? 菜の花じゃないよね?』
葉っぱをちぎって口にしてみると、さわやかな辛みが広がりました。

ラッキー♡

それまではそぞろ歩きだった散歩が
からし菜探しにシフトされました(笑)

 

ドック中や入港直前の味方野菜、
玉ネギ・人参・ジャガイモのカレー野菜3点セットに
カラシ菜のグリーンを加えて『ポテトサラダ』を!

と、ジャガイモを茹で始めたところで
マヨネーズを切らしていることに気が付いたりします…
スーパーは18時に閉まっています…Oh My God…

そんな時に思いつきました。
マヨネーズの材料は卵と油と酢。
マヨネーズを使うよりもヘルシーな
『ホット・ポテトサラダ』
【材料】
ジャガイモ 人参 玉ネギ からし菜
オリーブオイル 塩 酢 卵
【作り方】
*玉ネギ・人参はイチョウ切りにしてレンジにかけ、柔らかくしておく
*ジャガイモを小さめに切り、ひたひたの水で茹でる
*ジャガイモが簡単につぶれるくらいになったら、鍋に少しの湯を残して湯切りし
レンジにかけた野菜と切ったからし菜を入れオリーブオイルと酢を加えて
ジャガイモをつぶすようによく混ぜる
*溶き卵を流し入れ、火を止めてさらによく混ぜ、余熱で卵に火を通す
※木杓子や耐熱のゴムベラを使って、ぐるぐる混ぜるとよくなじみます。

マヨネーズを使うよりもさっぱりした味で、
ヘルシーでありながら『ポテサラ欲』を満たしてくれるホットサラダ。
材料がないからじゃなくて、
冬場には好んで作るレシピになりました♡

 

コメント