スパイスの魅力たっぷりケーキ

Mermaid Cafe
スポンサーリンク

私の住んでいる小笠原は
亜熱帯気候に属する島です。

私を含め、
寒さが苦手だったり
蒸し暑い気候が苦でなかったり
海が好きな人が多く住んでいます。

東南アジアやミクロネシアの島が好きで
何度も旅行に出かけたことのある人も
たくさんいます。

そういった島を好きになれる人たちは
そういった島や国の
食文化も受け入れられる人がほとんどだと思います。
そこの景色や海が好きでも
食が合わないところへは
そうそう何度も出かけられませんよね。

何年か前より話題になっている
『パクチー』などもそうですね。
一般的な日本食にはない味です。

私の持論かもしれませんが
『パクチーが好きな人は香辛料も好き』

日本食ではあまり使われることのない
独特な香りのスパイス。
日本のスーパーでは
売られている量も少ないし
その割にけっこうなお値段だったりするので、
現地でリーズナブルに手に入れてくる人も多いです。

私も、外国のスーパーに入ると
スパイスコーナーの前で
長く時間を取られるタイプです。

いつからハーブやスパイスに魅了されるようになったのでしょう…?

たとえば『シナモン』
幼い頃はニッキの香りが苦手で
『私はオトナになっても、ニッキ飴は口にできない』
と思っていました。

京都土産で有名な『八ツ橋』も
どうしてオトナたちはこの苦い匂いが好きなんだろう…?
と、不思議でなりませんでした。

それが
高校の修学旅行で京都へ出かける頃には
おいしいと感じるようになっていたような気がします。

初めてハワイへ行った時には
シナモンたっぷりの『シナボン』に
すっかりはまっていました。

いま思うと、この頃から
バジルのパスタ、とか
ローズマリーやディルの香る肉や魚、などに
惹かれるようになったのかもしれません。

先日
風邪やインフルエンザが流行っていた頃に
『風邪の予防には生姜・ニンニク・唐辛子』という会話をしていて
生姜の香るケーキを作りたくなりました。

スパイス好きな友達に相談したところ
やはり (ニヤリ)
島では手に入らないスパイスを
しかも、グラインドされていない状態でいろいろ持ち合わせていて
少量ずつ分けてもらいました。

それぞれのスパイスを
ミルでひいているときの
キッチンに漂う香り♡
それらを調合しているときの
しあわせな空気♡

今回は
ジンジャー・シナモン・カルダモン・クローブ
をふんだん使い。
香りが強い分
口当たりを軽く仕上げてみました。

まだ風の冷たいシーズン、
エスプレッソの香りがリッチなロングブラックにも
ミルクがやさしいカフェラテにも合う
スパイシーなケーキが
お気に入りにプラスされましたよ♪

コメント