小笠原の郷土料理『ダンプレン』

写真引用:ぐるぐるDining 郷土料理
写真引用:ぐるぐるDining
スポンサーリンク

小笠原郷土料理『ダンプレン』って、何語!?

『ピーマカ』と同じく、意味不明なカタカナ語ですね(笑)

鶏肉ベースで出汁をとり、玉ネギ・人参・キャベツなどを加えた塩味のスープに、小麦粉を水と卵で溶いた団子を入れた『洋風すいとん』です。

『ダンプレン』という名称は英語で団子を意味する『Danpuren』が訛って伝えられました。

もともと小笠原の島々は16世紀半ばにスペイン船によって発見され、イギリスやロシアからの船も訪れ、19世紀にはアメリカ人が入植して最初の定住者となった背景があるので、英語が訛ってできた『小笠原言葉』はたくさんあるのです。

 

小笠原の郷土料理『ダンプレン』をお正月に大盤振る舞い

このダンプレンが年に一度ふるまわれるのが、元旦に行われる『海開き』

そう、小笠原では毎年元旦に『海開き』が行われるのです。

晴れて無風ならば半袖でも過ごせるお正月ですが、海風の吹きすさぶビーチサイドは
それなりに寒く(笑)炊き出し用の鍋で炊かれるダンプレンは心にも沁みるあたたかさです。

 

郷土料理は家庭料理

夕飯の汁物として提供している宿もあるし、街中にはメニューに載せている飲食店もあります。

よく『給料日前のお助けレシピ』というフレーズを耳にしますが、家庭では定期船入港日直前で食材の乏しい日に、助かるメニューですね!

 

 

 

 

よかったら
応援クリックお願いします♪**
↓↓↓

島暮らしランキング

コメント