小笠原の動植物

島食材

モンステラの実を食べたことありますか?

葉っぱのカタチがユニークで、ハワイアンモチーフの代表のような観葉植物・モンステラ。ここ、亜熱帯の島・小笠原でも見かける植物ですが、モンステラの実って食べられるんです!おいしいんですよ!!
2021.02.26
小笠原の動植物

まぼろしの鳥!?地球上で小笠原にしかいない【アカガシラカラスバト】

1980年代までは幻の鳥と言われていた『アカガシラカラスバト』 『あかぽっぽ』という愛称で呼ばれ、長年の保護活動によって個体数の増えてきた絶滅危惧種の鳥。 そのアカガシラカラスバト、を絶滅危惧から守ろうと活動してきた軌跡をご紹介します。
2021.01.28
小笠原の動植物

モモタマナの実を食べてみたら意外とおいしかった!

小笠原唯一の落葉広葉樹・モモタマナの新芽って、みんなそろって上を向いています。くよくよしているときにその姿を見ると、私も上を向いて歩こうと元気づけられるのです。
2021.03.14
小笠原の動植物

モモタマナの紅葉シーズンがやってきた

モモタマナは、小笠原で唯一の落葉広葉樹です。秋ではなく春に紅葉することの多いモモタマナ。紅葉が春なんて、不思議な感じですね!
2021.02.25
小笠原の動植物

ほのかにやさしいピンク色・島レモンの花咲く頃

亜熱帯の島・小笠原では、2月下旬頃からレモンの花が咲き始めます。 やさしい味の島レモンになる花は、ピンク色のつぼみを経て白い花を咲かせます。その可憐な姿に、心奪われる春のひととき。
2021.02.25
小笠原の動植物

数十年に一度しか咲かない花!?【トックリラン】の花が咲いた!!

数十年に一度しか咲かないと言われる【トックリラン】 多くの方が初めて見るその花の様子に、島内で話題となりました。トックリランの花に出会えた奇跡を綴っています。
2021.03.03
小笠原の動植物

ビーデビーデ(ムニンデイゴ)が咲き始めたら、春の訪れ

小笠原に春を知らせる花は、ビーデビーデ。和名は『ムニンデイゴ』と言います。沖縄のデイゴと同じ仲間ですね。島を行き交う人の会話で『ビーデビーデが咲いてきたね』というのは、『春が近づいてきたね』という意味でもあるのです。
2021.03.16
小笠原の動植物

アーティスティックな、葉っぱ幼稚園

島に住むようになってから、 見えるモノが少しずつ変わってきました。 もともとダイビングとイルカに魅了されてやってきたので 住み始めたばかりの頃、興味のあるのはもっぱら海。 晴れた凪の日にダイビングに出かけることができて 移動中...
2021.03.04
小笠原の動植物

天使のような花【クサトベラ】その花言葉には夢がいっぱい♥

小笠原や沖縄の海岸では割と多く見られる【クサトベラ】楕円形でツヤツヤとした葉っぱがきれいな植物です。5月頃から咲き始める花は、ハワイではエンジェルフラワーとも呼ばれています。『天使の花』の花言葉は・・・?
2021.02.09
スポンサーリンク